注文住宅の得々ゲット術│オリジナル住処は心の拠り所

不動産

業者によって変わる

ハウスメーカーと設計事務所の自由度

内観

注文住宅とはあらかじめ仕様などが決められておらず間取りや仕様を設計士などと打ち合わせをすることで自由に間取りを決めることができる住宅のことです。注文住宅の反対に分譲住宅、建売住宅があります。反対というと語弊がありますが建売住宅などはすでに間取りや仕様が決められていて完成したものを見て気に入れば購入するという購入方法です。 注文住宅といっても自由度に大きな幅があるのです。設計事務所や一部の工務店では自由に使用する材料から間取りなど法律以外の縛りがなく住宅を設計することができるのです。しかしハウスメーカーなどの注文住宅は木造、軽量鉄骨など躯体に使用する材料が指定されていたり間取りにある程度の制限があるのです。標準などと呼ばれる仕様がありその中から選択する必要があります。その他の仕様を選択するとオプション費用として割高の費用を請求されるケースも多いのです。

見積書の比較と改良工事

ハウスメーカーに限ったことではありませんが、住宅を購入する場合には事前に見積もりを提示してもらいます。しかしこの見積もりはメーカーによって明細の名前が異なるのです。ですから複数のメーカーの見積もりを比較するのはとても難しいのです。もちろん業者によってはこういった見積書に含まれていない費用がある場合もあるので注意が必要です。 見積もりを見る際に地盤改良工事の費用がどのくらい含まれているかを確認することも重要です。この地盤改良工事費用は実際にその土地に建てる住宅の形状や配置が決まってから地盤強度の調査を行います。ですからこの費用はある程度の予想なのです。これまでのその周辺の土地の改良工事費用を参考にはじいているのです。場合によってはあり得ますがこの費用がゼロ円になっている場合は注意が必要です。