注文住宅の得々ゲット術│オリジナル住処は心の拠り所

不動産

注文住宅設計の今

設計事務所におけるトレンドについて

住宅

設計事務所では、注文住宅を建てる際の設計を行なってもらうことになります。自分のイメージする住まいを具体的に形にしてくれるわけですが、条件を伝えることによって、材料や工法を吟味した上で最適となる案を提案してくれることになります。あらゆる細部にまでこだわって家を建てることができるものですが、今はこれを利用していかにコストを抑えて予算を効率良く配分できるかといった依頼が増えています。 ハウスメーカーが手掛ける注文住宅は大抵の場合、規格化された設計や建材を使用するものです。設計事務所に来る依頼では、そこはオリジナリティにこだわりながらも、なるべく安い費用で建てたいというわけです。どこでどうコストを削るのか、その知恵を絞る形での設計の取り組みがなされるというわけです。

設計に携わる人達について

設計事務所において注文住宅の設計を手掛けるのは、建築士になります。施主の希望を聞いた上で、その住みやすさを実現するためにはどんな建材や建具を使用するのか、どんな質感や機能性で求められる住空間を演出するのかを考えるわけです。そしてその工法に関しても、あらゆる知識を総動員して建設に必要となる技術をつぎ込むことになります。 その案を基にして、施主と何度か話し合いを行い納得できる形になるまで修正を行います。耐震性能を計算してデザインを作り上げ、断熱処理や防水加工をいかに行うのか予算配分を行い、細かな点にまで注意を払う作業を行うわけです。そのようにして世界でただひとつの、施主のためのオーダーメイド住宅が設計事務所より形を成すわけです。