注文住宅の得々ゲット術│オリジナル住処は心の拠り所

不動産

様々な住宅から選べる

注文住宅を建ててもらう会社の選択方法

不動産

最近では住宅を建築する際に選択することができる選択肢が増えました。注文住宅に限ってみても利用する人にとってはどの工法やどの会社、どういった購入形態を選択するかというところから決めなければならないのです。選択肢が豊富な状況ではそれぞれの特徴を知る作業が大変ですが、会社の経営方針やどういった工法で住宅を建てているのか、社員教育、現場の職人育成など様々な観点から建築会社をリサーチして契約することが大切なのです。最近では住所を入力するだけで身近な会社を紹介してくれるサイトや建築家を紹介してくれるサイトなどが存在します。建築会社との出会いも円です。注文住宅の建築において商談がある程度進んで直前という段階で建築会社の情報を調べる人も少なくありません。しかし実際には建築会社を訪れる前にする作業なのです。そうすることでより理想に合った注文住宅を安心して建築してもらえる建築会社に出会うことができるのです。

新築住宅の工事期間に関して

注文住宅は短くても商談を開始してから引き渡しが行われるまで半年程度の期間を要します。長い場合は商談だけで数年、建築に数年かかる場合もあるのです。建築においてはいったん工事が着工してしまえばある程度予定している工期で工事が終わります。とはいえ自然災害が発生した、注文した製品が特別な場合などは大幅に工期が遅れることも考えられます。工程によっては雨の日は作業ができない、その工程が終了しなければ次の工程に進めないとなると転向によっても大幅に工期が遅れることも考えられます。しかしこうした天候や自然災害など不可抗力であるものが原因で工事が遅延する場合には建築会社は工期の延長を理由に契約を変更することができるのです。工期があまりないという場合は突貫工事や手抜き工事が発生し施工不良がある場合もあるので注意が必要です。